半田付けとプログラミングと..

アクセスカウンタ

zoom RSS 【自作】単純な回路ほど難しい..

<<   作成日時 : 2017/05/13 14:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

水晶発振器とE級アンプを組み合わせたQRP送信機のシミュレーションをやってみたけど、発振が止まってしまってうまく動作しない。

2N7000が回路図上にあるだけで発振しないという現象なので、シミュレータ上の問題なのかもしれない。

ということで、ブレッドボートに組んで実験してみた。

画像


画像


電源電圧を9Vにすると、発熱ですぐに出力が消える。 5Vにすると2Wぐらい出力される。 ちょっと大きいなぁ..。 

スイッチングしているだけなので、パワーのコントロールができない。 タンク回路の定数をいじってみるかな..。

シミュレーションできるといろいろ試せるんだけど..。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
2N7000 をどこにつけても発振しないってことですよね?もしや発振除けに使えるという新発見だったりして.hi 
ocr
2017/05/13 20:55
シミュレーション自体が止まっている感じなので、モデルがおかしいのかもしれません。単体では、スイッチング動作するんですけどね..。不思議です。
iqu
2017/05/14 10:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
【自作】単純な回路ほど難しい.. 半田付けとプログラミングと../BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる