半田付けとプログラミングと..

アクセスカウンタ

zoom RSS 【自作】Si5351A 周波数の設定方法

<<   作成日時 : 2017/06/14 22:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Si5361Aの周波数の設定方法は、驚くほどややこしい。

基本的には、PLLの周波数を設定して、それを分周する。

PLLの周波数の設定

fpll = fxtal * a + b/c

fpll: PLLの発振周波数、fxtal:水晶振動子の周波数(秋月のモジュールでは、25MHz)。

分数で指定できるので、中途半端な数値も設定できる。 fpllは、600〜900MHzの範囲で設定する。
但し、設定できるのは、15〜90 b,cは20ビットで設定。 


分周比の設定

fout = fpll / ( a + b/c)

fout: 出力周波数

分周比も分数で指定できるので、中途半端な数値が設定できる。 但し、8以下の分周比は、8,6,4しか選べない。
最大は、900。

例えば、7.02MHzを出力したい場合は、pllの周波数を600MHz(a=24, b=0, c=1)として、分周比を、a=85, b=94017, c=200000とする。

レジスタの設定は、式が提供されていて、

pllの周波数設定用のレジスタは、

  MSNA_P1[17:0] = 128*a+Floor(128*b/c)-512
MSNA_P2[19:0] = 128*b-c*Floor(128*b/C)
MSNA_P3[19:0] = c

と設定する。 分周比も計算方法は同じで、MS0_P1, MS0_P2, MS0_P3に設定する。

ここまででも、相当、ふーっ..といった感じなんだけど、レジスタマップがまた複雑ときている。

画像


画像


素直に並んでいないし、MS0の方は、途中に別のデータも入り込んでいる。

ちゃんと書き込みプログラムできるかな..。 ちょっと不安になってきた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【自作】Si5351A 周波数の設定方法 半田付けとプログラミングと../BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる