【SDR】ヒルベルトフィルタの実験

久々のプログラミング。

ヒルベルトフィルタの実験をしてみた。 ヒルベルトフィルタは、入力信号の位相をπ/2遅らせて出力するもの。

画像


上が入力信号で、下がヒルベルトフィルタを通した後の信号と元の信号で複素信号にしたもの。
ちゃんと実信号が複素信号になっている。

ということは、ダイレクトコンバージョン受信機の信号をヒルベルトフィルタに通してやれば、I信号とQ信号が得られてSDRにできるということかな..。

直交VFO作らなくてもSDRができそう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック