【SDR】AM復調の実験

昨日に続いて、ヒルベルトフィルタの実験

搬送波8kHz、変調波800Hzの実数部のみの信号をヒルベルトフィルタに通し、I信号とQ信号を使ってAM復調してみた。

画像


上が入力信号、下が復調された変調信号。 全体がマイナス側にずれているけど、ちゃんと復調されている。

ダイレクトコンバージョン(DC)受信機では、AMの復調はなかなか難しい。 少しずれるとビートが聞こえてしまうから。

DC受信機の出力をPCでキャプチャしてヒルベルトフィルタを通してAM復調してやれば簡単にできそうだ。

(厳密にはDCじゃないかな..。 中間周波数8kHzぐらに変換するコンバータか。)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック